注文住宅の知っておくべき基本!失敗を避けて成功を目指す家づくりのコツを紹介

このサイトでは注文住宅の建設に関して知っておいた方がいいことについて紹介しています。
建てる時に空間に関してありがちな失敗例をはじめ、収納に関する使いやすいポイントや、失敗を避けて成功を目指すために必要な家づくりのコツなどを紹介しているため、これから家づくりを目指すなら一度目を通して損はありません。

注文住宅の知っておくべき基本!失敗を避けて成功を目指す家づくりのコツを紹介

注文住宅で失敗を避けて納得できる家づくりを目指すなら、情報収集を大切にすることです。
情報を適切に収集することで、納得できる形で家を建てることができます。
情報を適切に収集すれば自分たちの土地の状況や建築業者の評判、さらに納得できる建築工法についてわかるからです。
収集するときには注文住宅の何について情報収集するのかを明確にすることがコツといえます。
集めた情報を目的別に整理して、家族で話し合うことが成功のポイントといえます。

注文住宅はおしゃれさだけでなく居住性も考慮

現実的な生活空間を考慮した注文住宅は、将来的に快適に生活をする上で非常に重要です。
例えば、生活動線が確保されていない内装になってしまうと現実的な生活感がなくなってしまいます。
生活動線は、家族が生活をする上で必要になるものですので、これを実感できないと窮屈な状態に陥ってしまいます。
例えば、玄関から入ってトイレやお風呂そしてキッチンやリビングなどといった動線がきっちりと整っていないと、中身のない住宅になってしまうわけです。
客観的な観点から注文住宅を考えていくことは、実は非常に重要です。
注文住宅のメリットは、1から設計を行っていくことができる点になります。
確かに、おしゃれな住宅を手に入れるために相談を行う事は悪いことではありません。
しかし、理想を追求をするあまりに非現実的なことになってしまうと、生活感を失ってしまうリスクも存在します。
ですから、これらのバランスを考慮した理想的な居住性を考えておくことによって快適な生活ができるようになります。

注文住宅の外装に使う建材を選ぶポイント

注文住宅を建てる時には、当然ながら外観を気にすることが多く、おしゃれなデザインを希望することになります。
外装で使える建材は豊富な種類があるので、後から失敗に感じてしまうことがないように、事前にあらゆる資材を確認することは重要です。
注文住宅の場合は最初から好みの外観に仕上げられるメリットがあるので、選択肢の幅が広いことは施主にとってもプラスになります。
人によって好みが異なるものなので、簡単に決定することは難しいのですが、選びポイントをあげてみると美観と耐久性については重視した方が賢明です。
サイディングを選ぶ場合は素材そのものの質感とデザイン、カラーリングがあり自由自在に選べますが金属製と窯業製、樹脂製など素材違いがあるのでそれぞれのメリットとデメリットを知ることも必要です。
頑丈さと外壁塗装を不要とすることを希望する方のポイントでは、天然素材を利用する方法が最適になります。
例えはレンガやタイルなどを外装に使う方法であれば、メンテナンスは塗装ではなく洗浄作業で済ませられるので、初期費用だけを見るのではなく後のリフォームのコストまで考えることも大切なポイントではないでしょうか。

注文住宅の後悔しない内装の決め方

憧れのマイホームを手にいれるために日々一生懸命働いている方も多いでしょう。
このマイホームを手に入れた際に、こうするべきだったと後悔する方も多くいます。
そうならないようにするためにも、事前にハウスメーカーとしっかりと綿密な打ち合わせを行うことが大切です。
そのためには多くの事前打ち合わせが必要で、仕事をしていると折角の休みの日に長い打ち合わせが入るので、肉体的にも精神的にも苦痛を覚える方も少なくありません。
そうなると打ち合わせが面倒になって、向こう側の言われるままになってしまう事になります。
そのまま進んでいくと、自分の想定していない内装が出来上がってしまうのです。
注文住宅の難しい部分はその部分で、最初から最後まで集中して打ち合わせが出来ず流れに任せて決めてしまう点が後悔に繋がってしまうのです。
注文住宅を建てるのであれば、漠然と考えずにハウスメーカーと話し合う前にある程度大まかな部分の意思を伝えておくことをおすすめします。

注文住宅は断熱性にも配慮して計画

限りなく理想に近いマイホームを手に入れる場合、注文住宅であればその希望を叶えることが可能です。
住まいづくりで使用する材料から、間取り・外観のデザインも施工主自身で考案できる点が魅力といえるでしょう。
これから注文住宅を建設するという方も大勢いるでしょうが、その場合は断熱性にも配慮をすることをおすすめします。
なぜ断熱性に配慮をするのか、それは夏と冬の季節でも快適な住まいを室内で用意ができるからです。
また、この断熱を実現した施工を行うことで、自治体から補助金も支給をされるのが理由です。
ゼッチという言葉を聞いたことはありませんか。
これは脱炭素施工を行う工法の略称であり、必然的にエアコンの使用頻度を減らして快適な住まいを維持できることを意味しています。
注文住宅なら二重窓と断熱材を備えるだけでよく、それらの施工費用はすべて補助金で賄うことが可能です。
注文住宅のみに対応した助成金制度となります。

注文住宅の音の伝わり方に配慮した間取り

寝ているときに、物音がすると目覚めてしまい眠ることができなくなる人が多いです。
勉強している時も、物音がすると集中力が切れて他のことを考えてしまいがちな人もいるかもしれません。
このように、音に敏感な人は注文住宅を建築するときその音の伝わり方を知っておいた方が良いです。
注文住宅を建築するときの音の伝わり方に関しては、言葉で説明するのは難しいですがこの点に関してはやはり専門家に聞いてみるのが良いかもしれません。
1つは、隣の部屋に音が伝わってしまう場合が考えられます。
この後場合には、ボーン対策等を施すのが良いかもしれません。
一方で、2階の部屋の足音が1階に響くようなこともあります。
この場合も、できるだけ足音が響かないような設計にすることが重要になります。
それ以前に、静かに歩くことが必要ですが小さな子供などがいる場合は致し方ない部分もあるかもしれません。
いずれにしても、事前にその点を意識しておけば後で音に悩まされる事は少なくなります。

注文住宅でも建築できない間取りがある

注文住宅は、顧客の要求を最大限に応えるために提供されているサービスに違いありません。
しかし、現実的な観点から要求する間取りを実現することができないケースも存在します。
分かりやすいのが、狭小住宅と呼ばれるものです。
例えば、提供されている土地が非常に小さい場合にはどれだけ紙面上で大きな間取りを設計していたとしても、現実的に建築できない状態になってしまいます。
住宅は、それ単体であるわけではなく必ず土地の事を考慮しなくてはいけません。
土地の大きさを把握して、理想的な注文住宅を設計していかなくてはいけませんので、現実的な観点から不可能であると考えられる場合にはそれを拒否されることもあります。
ただ、拒否されたからといって注文住宅で理想的なマイホームを建設できなくなってしまうというわけではありません。
業者の方から、新しい提案をしてもらって狭小住宅であっても間取りを取ることができるように工夫をしてくれるところも存在するので、その点は安心できます。

注文住宅は生活動線を考えて設計しよう

注文住宅を建てる場合設備を整えるほかに、生活のしやすさを考慮する必要があります。
生活のしやすさは生活動線とも言い、家事や衛生、来客や通勤の4種類となっています。
朝起きたら洗面所に行き、その後トイレを済ませる、など生活をする上での動きをよくすることはストレスを感じないで生活することにつながるので、注文住宅を建てる場合はしっかりと考えなくてはなりません。
家事動線を考えた場合、外からの出入りを意識した間取りにします。
食材を買い出したものはキッチンに運びますが、その際の動線に配慮をし、勝手口をキッチンの傍に作る、洗濯は洗う、干す、たたむ、しまうを一連ととらえ一つの部屋で完結できるようにする、などを考えます。
衛生面では水回りのものを一か所にまとめると効率動くことが可能であり、来客の動線は生活動線と交わらないかをチェックします。
家族一人一人の動きを把握し、どういった1日を過ごしているのかを考えるとどのような動線にしたら良いのかが見えてきます。

注文住宅の住人の距離感を大切にした間取り

注文住宅を建てる時には、住む人同士の距離感を重視することが重要になります。
たとえ家族であっても狭い空間に長時間一緒にいれば、息詰まる感覚を覚えることになるでしょう。
ゆったりとした間取りで住む人が心地よく生活できるように配慮すれば、日々の暮らしがより楽しくなるはずです。
家族全員が集まりリビングを大きく作り、それぞれの部屋は個別に作成した注文住宅もおすすめです。
1人で過ごしたい時は個室を利用できれば誰にも邪魔をされません。
勉強に集中したい、親にプライベートを邪魔されたくないといった気持ちを子供にとっても自室の存在は大切です。
両親と同居して2世帯住宅を作る場合には、よりいっそう距離感を重視することをおすすめします。
世代が異なる複数の家族が住むと、生活時間の違いや習慣の差などでトラブルが発生することがあります。
互いの生活音などを和らげてくれる空間が存在していれば、トラブルを回避しながら生活することができます。

注文住宅の趣味用スペース作りの注意点

注文住宅を建てるときには、家族の中に趣味を持つ方がいれば専用のスペースを作ることは快適生活を送る上では良い選択肢です。
注意点を理解しておくことで最適化することができますが、趣味の内容による差は出てしまうので整えておいた方が良いと感じられる設備だけをセレクトすることで問題を解消できます。
例えば楽器演奏やカラオケなど大きな音を発するような場合では、窓ガラスは防音ガラスにして全ての壁面と床材の下には防音材を十分に使う方法で音の問題はクリアできます。
静かなスペースで絵画を描いたり手芸などを行う方の場合では、注文住宅故に実現できる簡易式の洗面台を設けることも快適性を生み出せます。
注意点の中にはDIYを行っている方の事例では、スペースを防音にする必要性があることと、コンセントの数を増やしておくこと、十分な換気設備を取り付けること、塗装ブースまでも計算しながらスペース造りをすることを忘れないようにすると完璧です。
道具類に関しては完全密閉できる収納スペースも設けることで塵や埃、塗料からも保護をすることに役立ちます。

筆者:赤木靖彦

筆者プロフィール

長野県軽井沢町生まれ。
新しい家族が増えたので、これを機に注文住宅を建てることにしました。
軽井沢の注文住宅はこちら